ハーフリンガル歯列矯正

ハーフリンガル歯科矯正という方法についてご紹介していきます。

ハーフリンガル歯科矯正って何?

ハーフリンガル歯科矯正は、上は裏側、下は表側の歯列矯正のことです。
目立つ上のみ裏側に装着して、目立ちにくい下は表側に装着します。
上下ともに裏側に装着する歯科矯正と比較すると、不快感も少なく話しづらいこともありません。
また料金に関してもリーズナブルに抑えることが可能です。

harf01 ・上の歯は裏側に装着
上の歯に関しては矯正歯科装置が目立つので、見えない歯の裏側に矯正歯科装置を装着します。

・下の歯は表側に装着
下の歯に関しては矯正歯科装置が目立たないので、表側に矯正歯科装置を装着します。
下の歯の裏側に矯正歯科装置を装着する方法もありますが、この場合舌と常に触れるため不快感を覚えます。
また話しづらいというデメリットもありますが、表側に装着することでこのデメリットを解消します。
下の歯であれば、唇で半分くらい隠すことができるので元々目立ちません。
しかし当院のハーフリンガル歯列矯正は、下の表側でもさらに目立ちにくいように半透明のクリアブラケットを使っています。

クリッピーL

uragawa02 クリッピーLは、世界最小サイズの裏側歯列矯正のブラケットのことです。
セルフライゲーションという閉会式の独自クリップ構造により、ワイヤーの付け外しが簡単に行うことができます。

クリッピーLは、厚さが1.5mmなので違和感が少なく、また話しづらくありません。
さらにセルフライゲーション・システムによって、無理矢理に歯を引っ張らないので痛みが少ないです。
またワイヤーとの摩擦抵抗が少ないのでスムーズに歯が動きます。
この他には、ワイヤーの付け外しが簡単なのでチェアタイムが少ないといった特徴もあります。

料金について

大阪院・神戸院ともに矯正歯科・審美歯科・ホワイトニングなどで各種クレジットカードを使うことが可能です。
分割・リボ・ボーナス払いなど各支払い方法にも対応しています。
この他、Webからの簡単申し込みができるオリコ・デンタルローンの取り扱いもあります。
  • クリッピーL ハーフリンガル歯列矯正
    基本治療費 594,000円
    調整管理費 10,800円

ご予約・お問い合わせ

abdcインプラント・センター大阪梅田

アクセス

shop1_map shop1_outlook

Google Mapで見る

住所

大阪市北区曾根崎2-3-2 梅新スクエアビル7F


abdcインプラント・センター大阪心斎橋なんばクリニック紹介

アクセス

shop2_map shop2_outlook

Google Mapで見る

住所

大阪府大阪市中央区心斎橋筋2-1-18
プライムスクエア4F


abdcインプラント・センター神戸

shop3_map shop3_outlook

Google Mapで見る

住所

兵庫県神戸市中央区三宮町2-2-1ラム三宮ビル7F

最寄駅

・JR元町駅より徒歩6分
・JR三宮駅より徒歩8分

▲TOPへ