裏側歯列矯正

裏側歯列矯正のメリット・デメリットや特徴などについてご紹介していきます。

裏側歯列矯正の特徴

uragawa01 裏側歯列矯正には、メリットとデメリットが存在します。
その点をしっかりと理解した上で治療を受けるか判断しましょう。

・メリット
矯正歯科装置を歯の裏側に装着するため、目立ちません。
他人から気づかれることなく歯並びを治していくことが可能です。
・デメリット
下側に関しても、歯列歯科装置を裏側に装着します。
そのため舌に当たりやすく、違和感や話しづらいといったデメリットがあります。

クリッピーLって何?

uragawa02 クリッピーLとは、世界最小サイズの裏側歯列矯正のブラケットのことを言います。
セルフライゲーションという開閉式の独自クリップ構造となっています。
ワイヤーの付け外しが簡単です。

クリッピーLの特徴としては、以下のようなことが挙げられます。

・違和感が少ない
クリッピーLは、厚さが1.5mmと薄くて小さいので違和感が少ないです。
また話しづらいといったこともありません。
・痛みが少ない
セルフライゲーション・システムは、無理やり歯を引っ張るといったことがないので痛みが少ないです。
・歯並びの治りが早い
ワイヤーとの摩擦抵抗が少ないため、歯の動きがスムーズです。
・チェエアタイムが短い
ワイヤーの付け外しが簡単なのでチェアタイムも少なくて済みます。

症例について

上下左右第一小臼歯抜歯
治療期間:約2年
uragawa03

ハーフリンガル歯列矯正

uragawa04 目立つ上のみ裏側、目立ちにくい下は表側で治療する歯列矯正です。
下が裏側の場合、矯正歯科装置が舌にあたってしまうので違和感がある、話しづらいなどのデメリットがあります。
このハーフリンガル歯列矯正では、目立ちにくい下は表側に歯列歯科装置をつけることでそのデメリットを解消しました。
当院のハーフリンガルは歯列矯正は、さらに目立ちにくくするために下の表側につける歯列歯科装置には半透明のクリアタイプブラケットを使っています。

ハーモニー裏側歯列矯正

harmony01 ハーモニー裏側歯列矯正は、フランスの矯正歯科医開発の裏側歯列矯正のことです。
正確性を期すので、コンピューターによってカスタムメイドされたブラケットとワイヤーを使います。
クリッピーLと同様にセルフライゲーション・システムによって、歯の動きがスムーズです。

インコグニート裏側歯列矯正

incognito04 インコグニート裏側歯列矯正は、ドイツの矯正歯科医開発の裏側歯列矯正のことです。
ハーモニーと同様にコンピューターによってカスタムメイドされたブラケットとワイヤーを使用します。
セルフ不ライゲーション・システムの採用はありませんが、ハーモニーより薄いのでより違和感が少ないというメリットがあります。

料金

card 大阪院・神戸院ともに矯正歯科・審美歯科・ホワイトニングなどで各種クレジットカードを使うことが可能です。
分割・リボ・ボーナス払いなど各支払い方法にも対応しています。
この他、Webからの簡単申し込みができるオリコ・デンタルローンの取り扱いもあります。
  • クリッピーL 裏側歯列矯正
    基本治療費 702,000円(精査料込)
    調整管理費 10,800円(月1回 最大24ヵ月分まで)

ご予約・お問い合わせ

abdcインプラント・センター大阪梅田

アクセス

shop1_map shop1_outlook

Google Mapで見る

住所

大阪市北区曾根崎2-3-2 梅新スクエアビル7F


abdcインプラント・センター大阪心斎橋なんばクリニック紹介

アクセス

shop2_map shop2_outlook

Google Mapで見る

住所

大阪府大阪市中央区心斎橋筋2-1-18
プライムスクエア4F


abdcインプラント・センター神戸

shop3_map shop3_outlook

Google Mapで見る

住所

兵庫県神戸市中央区三宮町2-2-1ラム三宮ビル7F

最寄駅

・JR元町駅より徒歩6分
・JR三宮駅より徒歩8分

▲TOPへ