インプラントQ&A

インプラント Q&A

インプラント治療を検討されている方の中には、今回が初めてという方もいらっしゃるかと思います。
その場合、やはりインプラントに対してさまざまな疑問や不安もあるのではないでしょうか。
インプラントに関する疑問・質問に対して、お答えしていきます。


  • Q1.インプラントってどんなものですか?

    インプラントとは、抜けた歯の代わりに人工歯を取り付ける技術のことです。
    具体的には、歯が抜けた箇所の骨にネジのようなものを埋め込みます。
    そこにより天然歯に近づけた人工歯を取り付けていきます。
    入れ歯、ブリッジと言った方法に替わる最新技術となります。

  • Q2.入れ歯やブリッジとの違いって何ですか?

    インプラントと入れ歯・ブリッジとの大きな違いとしては、他の歯に負担をかけないという点です。
    インプラントは独立しているため、まわりの歯に負担をかけることがありません。

    一方、部分入れ歯は、口の中で動かないように他の歯によって支えられています。
    また歯茎の上に乗せるだけなので安定感がありません。
    そこで入れ歯を安定されるために他の歯に金具をかけます。
    ところがその金具がかかった歯に対して大きな負担をかけてしまいます。

    しかしインプラントであれば、骨にしっかりと固定するので安定感がありかみ合わせもしっかりしています。

    ブリッジに関しては、抜けた歯の前後の歯を削ります。
    その削った歯を土台に、橋渡しのように歯を繋げていきます。
    そうすることで抜けた歯を補う治療法です。
    前後の健康な歯を削る必要があり、また土台となる歯にも負担がかかってしまいます。

    しかしインプラントは独立しているため、前後だけでなく他の歯の負担になることはありません。
    もちろん他の歯を削るといったことも不要です。

  • Q3.インプラント治療に保険は使えますか?

    保険適用外となっておりますので、保険は使えません。

  • Q4.治療期間はどのくらいですか?

    インプラントは骨の中に埋め込みますので、インプラントを入れる場所の骨の状態によって、変わってきます。歯が残っている場合にはまず歯を抜いて骨が出来るのを待つので、3カ月から6カ月待ちます。インプラントを埋入してからはインプラント体と骨が結合するのを待つのに3カ月から6カ月待ちます。かぶせ物を作る期間も合わせると早い方で、4カ月、長い方で1年半と治療期間には個人差がございます。

  • Q5.歯周病でもインプラント治療は可能ですか?

    インプラントは虫歯にはなりませんが歯周病にはなります。歯周病によって歯を失われた方は、インプラントに関しても周囲に炎症が生じるリスクは高いと言われています。ですので、インプラントを入れる前に歯周病の治療を行い、またインプラントを入れた後のメインテナンスも、インプラントを長期的に使っていただくためにとても重要となります。

  • Q6.持病があっても治療が出来るのでしょうか?

    持病をお持ちであっても、治療が可能である場合が多いです。ただし持病がコントロールされていない場合や持病のリスクの高さによっては出来ない(インプラントのリスクが非常に高い)場合がございます。特に、骨粗鬆症、糖尿病、腎疾患は注意が必要です。必要であれば内科医と連携を取りながら、治療を進めていきますので、ご安心ください。

  • Q6.手術中に痛みはありますか?術後はどのくらい痛みがありますか?

    手術は歯を抜いたり削ったりする時と同じ局所麻酔を用いて、痛みが出ないようにして、治療します。局所麻酔は数時間で効果がきれますので、術後に鎮痛剤(痛み止め)を処方致します。鎮痛剤も数錠飲む程度で大丈夫だった方がほとんどです。歯を抜くのと、同程度です。

  • Q7.骨の量が少なくてもインプラントは出来ますか?

    骨の量が少ない場合でも、ほとんどの場合、インプラントの埋入と同時に増骨の処置をして埋入する事が可能です。さらに少ない場合には事前に骨増生のみ行い、6カ月程度置いてからインプラントを埋入する事もございます。極端に少ない場合には、埋入が出来ない場合もごく稀にございます。

  • Q8.インプラント治療に年齢の制約はありますか?

    骨の成長が終わっていればインプラント治療は可能です。およそ18歳頃から治療は可能ではあります。年齢の上限はございません。全身疾患がなければ、ご高齢であってもインプラント治療は可能です。

  • Q9.インプラントはどのくらいもつのですか? 

    個人差はございますが、数十年単位で長期的に持つ事がデータで示されています。ただ しインプラントは虫歯にはなりませんが歯周病にはなりますので、定期的なメインテナンスが長期にインプラントを持たせる非常に重要な要素となります。

  • Q10.金属アレルギーでもインプラント出来ますか? 

    当院で使用しているインプラントは純チタン製で、上部構造はセラミック(非金属)になります。チタンは、人工関節にも使用される非常に生体親和性の高い材料ですので、金属の中でもアレルギーが出る事はほぼありません。皮膚科にて、アレルギーの有無を診査してからの治療も行っております。

  • Q11.インプラントの構造はどうなっているのでしょうか?

    インプラントは、大きく分けて3つの構造で成り立っています。

    インプラント本体である「フィクスチャー」
    土台部分である「アバッチメント」
    上の歯の部分である「上部構造」
    以上の3つです。

    アバッチメントは、アバットメントと呼ぶこともあります。
    また上部構造は、クラウン・ブリッジと呼ぶこともあります。

    最近では、インプラント本体とアバッチメントが一体となった「ワンピース・インプラント」というものもあります。
    インプラント本体とアバッチメントが別になっているものより、ワンピース・インプラントのほうが低料金の場合がほとんどです。

    ・インプラント本体(フィクスチャー)
    インプラント本体であるフィクスチャーは、直接骨に固定される部分のことを言います。
    ネジのような形状になっており、その部分を骨へと物理的に固定していきます。
    フィクスチャーには、基本的にチタン素材が用いられます。
    チタンは、オッセオインテグレーションと言って、骨と結合するという特徴を持っています。

    ・土台部分(アバッチメント/アバットメント)
    アバッチメントは、インプラント本体と上部構造をつなげる土台部分のことです。
    最近では、インプラント本体とアバッチメントが一体となったワンピース・インプラントというものもあります。

    ・上部構造(上の歯の部分)
    上部構造は、簡単に言えば歯の部分です。
    インプラントの上にかぶせる部分のことを言います。
    クラウン・ブリッジの形態になります。

  • Q12.インプラントの成功率は?

    インプラントの成功率は、上顎か下顎かによって異なります。
    一般的に骨の密度が低いと言われている上顎では、90%以上と言われています。
    下顎であれば、95%以上の成功率とされています。

    abdcインプラントセンターでは、世界No.1インプラントメーカーであるノーベルバイオケア社の「ノーベルリプレイス・テーパードGroovy」を用いています。
    その結果、5年残存率は97.6%となっています。

    ノーベルリプレイス・テーパードGroovyは、顎の小さい日本人に最適なインプラントと言われています。




ご予約・お問い合わせ

abdcインプラント・センター大阪梅田

アクセス

shop1_map shop1_outlook

Google Mapで見る

住所

大阪市北区曾根崎2-3-2 梅新スクエアビル7F


abdcインプラント・センター大阪心斎橋なんばクリニック紹介

アクセス

shop2_map shop2_outlook

Google Mapで見る

住所

大阪府大阪市中央区心斎橋筋2-1-18
プライムスクエア4F


abdcインプラント・センター神戸

shop3_map shop3_outlook

Google Mapで見る

住所

兵庫県神戸市中央区三宮町2-2-1ラム三宮ビル7F


▲TOPへ